人気ブログランキング |

<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

小説「イモリのしっぽ」小鹿夏さんの個展に行った

e0149596_062461.jpg
10月30日、朝の飛行機で北海道から帰ってきて、引越し先の諸手続きを終え、CREAM内覧会に行き、浅草に帰る途中、神楽坂の「キイトス茶房」で31日まで行われていた小鹿夏さんの個展に行った。

切手の貼られたフライヤーを手にお店に入ると、店主の物静かな感じのおじさんが、「夏さんの知り合いかい?3時間くらいまでいたんだけどねぇ」と。
すれ違いだったけど、一人でじっくりと神楽坂カレーと個展を楽しんだ。
入ってすぐ、スポーツ新聞の隣に、絵本「イモリのしっぽ」とイモリグッズ。手に取りやすい。手にとりやすすぎ!ドラフト会議の翌日だったので「菊池」の文字が・・・↓
そして、壁、窓、椅子の背中、ランプ、いたるところにイモリやキャラクターが。
e0149596_063796.jpg

両性具有のイモリが生まれつき失っていた「しっぽ」を探して冒険する物語「イモリのしっぽ」については過去の記事を参照ください。
▲イモリのしっぽ 小鹿夏さん
▲ツイッター小説
今回は、まだ公開していない第2章の内容がメインで、私はまだ読んでいないけど、彼女の世界観にドキドキさせられた。
どうやら、最近は短歌を詠んでいるようだ。第2章では短歌がたびたび登場するようだ。
社会を冷静にとらえ、心に響かせる彼女の言葉を使う才能には嫉妬する。
労働、恋愛、差別、いじめ、その苦しい世界の中にある美しさ。
私には書けないなぁ。いいなぁ。素敵だなぁ。と思い堪能した。
私もしばらく短歌というスタイルで猟奇的に書いていたことがあるのだけど。公開できずしまいこんである。

ツイッターやブログで第1章を公開中なので、ぜひ彼女の、イモリの世界観を味わってみてください。
『イモリのしっぽ』制作日記
童話『イモリのしっぽ』
ツイッター小説『イモリのしっぽ』twitter tail_of_imori
by channelp | 2009-11-08 00:25

CREAM ヨコハマ国際映像祭2009開幕!新しいフェスティバルのかたち

e0149596_12363799.jpg
「CREAM ヨコハマ国際映像祭2009」が10月31日、開幕した。CREAMとは、「Creativity for Art and Media」直訳すると「アートとメディアの創造性」という意味となる。

e0149596_12365710.jpg新港ピアとBank ART StudioNYKの2つのメイン会場では、その意味のとおり、様々なメディアでの表現が混在していて、 実験的で、枠にはまらない、そして、どこか挑戦的な印象も受けた。光や影、コンピューター、コミュニケーション、あらゆる映像の可能性が示されている。

e0149596_12375231.jpg
また、30日の記者会見では副実行委員長でもある出品作家の藤幡正樹氏が辞退の意思を表明し、これにたいして2日、ディレクター住友文彦氏がインターネットの生放送をつうじて声明を発表した。(詳細は本文下リンク参照)会期中には、両名の出演によるトークプログラムも開催されるようで、この議論も含め、新しいフェスティバルの展開が楽しみだ。

e0149596_12381412.jpg
新港ピアでは体の動きで数字の形が変わるデジタル時計に迎えられ、受付を通り中へ入ると、不思議なモチーフと民族音楽、壁面にはニコニコ動画そのものが展示されていた。また、「映像が生まれるところ」と題し、3つずつ14箇所にテーマ別に設置された合計42台のモニターには2分間から70分間ほどの短編のドキュメンタリー映像が繰り返し流され、好きな映像をヘッドホンを付け、座って鑑賞することができる。

e0149596_12384757.jpg
奥にはシアタースペース、さらに入ると、ラボスペースがあり、ワークショップやインターネット放送など、プロジェクト型の展示が展開されていた。

住友氏は2日にインターネット放送を通じて発表した声明で、予算や運営面の詳細を明らかにした。そして「新しいフェスティバルの形をつくりたい」と述べた。
また藤幡氏は、自身がコーディネーターを務めたフォーラムが終了した4日、作品を撤収した。またブログでは、来週中に住友氏や横浜市とトークセッションを設けようと調整中であると明らかにしている。

このように各方面で議論を呼んでいることは確かだが、初めての映像祭であり、展示内容だけを単純に見ても、かなり斬新である。

国内外のさまざまなメディアに出会い、既存のメディアのあり方を問いなおし、次の時代のメディアを考える横浜生まれの新しいフェスティバルは新港ピア、BankART StudioNYK、東京芸大大学院馬車道校舎、野毛山動物園、黄金町バザール1の1スタジオで29日まで開催中。

関連リンク
ヨコハマ国際映像祭2009
横浜国際映像祭出品を辞退します。(ARTit公式ブログ藤幡正樹)
CHANNEL CREAM「ディレクター緊急コメント」
by channelp | 2009-11-07 12:41

CREAMヨコハマ国際映像祭2009内覧会リポート映像





まずは映像だけ。
後日記事を改めてUPします。
by channelp | 2009-11-01 23:58

越後妻有アートトリエンナーレ報告会の映像

10月10日、日本大通りのZAIMで行われた、越後妻有アートトリエンナーレ報告会にPALの清水玲さんと一緒に報告者として出演させていただいた。
主催は、横浜トリエンナーレのサポーターから発展したグループ「TAEZ!(TakeArtEazy!)」。私も最近、TAEZ!のメンバーとなったため、自分の出演イベントを撮影し、編集し、配信することになった。
自分が出ているビデオ編集というのは、つらいものである。
そして、こうやって、自作自演のように、また記事を書くのも、切ないものである。
なんだかナルシストっぽい気もして、へこみそうになるが、映像(や音声)自体は、資料価値があると思うので、見ていただきたいと思う。
8本に分かれていて、計70分とかなりのボリュームですが、以下の8つのタイトルで、気になるものだけでもご覧いただけると嬉しい。
おすすめは、8本目の質疑応答です。最後のほうで越後妻有と横浜を比較し、未来への展望を語りました。かなり深い話ができたような気がしている。

1.木村静が越後妻有に行った理由/報告Part1
2.越後妻有トリエンナーレの魅力/報告Part2
3.越後妻有トリエンナーレ2009の作品紹介/報告Part3
3.越後妻有トリエンナーレ誕生秘話と開催の危機/報告Part4
4.こへび隊は開催の危機を救ったか/報告Part5
5.第1回越後妻有トリエンナーレとは/報告Part6
6.地域の変化、人の変化、越後妻有で起きたこと/報告Part7
7.トリエンナーレのこれから 越後妻有と横浜/報告Part8(質疑応答)
















by channelp | 2009-11-01 23:13