2011年 01月 20日 ( 1 )

ヨコハマメリー見て泣いた

e0149596_22780.jpg


「メリーさんを知ってるか」はハマっ子の重要なポイントらしい。

「いたのよ、伊勢佐木町にメリーさんが」
「白塗りのおばあさんの娼婦でね」
「お目が高いから声かけられた男の人は自慢できるってさ」
何度かそんな話を聞いていた。

去年、ザ・コーヴ上映中の横浜ニューテアトルで中村高寛監督のトークを撮影させてもらった。


あれから半年。忙しいを言い訳にして今までメリーを見なかったこと、反省。
早く見ておけば、あのときいろいろお話聞けたかもしれなかった。

戦後、横須賀のドブ板通り商店街に立ち、1961年40歳で横浜に来て、30年以上横浜の路上で過ごしたメリーさん。
メリーさんの人生に寄り添うように生きたシャンソン歌手の永登元次郎さん。
生きて死ぬ、誰にでもある、ひとつの物語の深さがとっても美しくて、すべての命が尊くなるような感覚だった。

明日から、伊勢佐木町の風景が今までと違って見えるだろう。楽しみ。

今、制作中の映像が4本。
22日土曜の「討論集会 横浜ビジョンVS横浜民衆宣言~APECとはなんだったのか~」
で上映する10分ビデオ。48時間のNO!APECTVを10分!もう笑うしかない。あはは!
もう1本は年末に那須で撮ってきた今月末配信予定の番組。テーマは「持続可能なまちづくり」なんだけど、裏テーマは、「どこで生きてどこで死ぬか」だと思う。
あと2本は、震災と戦争を乗り越えて中華そば屋を築いた歴史の話。

撮影中なのは、食と農のドキュメンタリーを作りたくて撮りためている野菜の話。

ほかには、映像のテキスト作り、映像制作指導、来月は高校生に授業をすることになった。

あと、キチアルTV。次は2月13日。1月26日には「たちかぜ裁判」の判決が出る。裁判所前から生中継をやってみようと思う。

そんなこんなで動いているのに情報発信が遅れがち。更新しなきゃね。

e0149596_35929.jpg


今日の横浜。開港記念会館。重要文化財。扉のガラスに貼り紙して怒られたことアリ。
ガラスに養生テープもNGでした。
ホールや会議室の賃料がとっても安い。だから予約はいつもいっぱい。講堂は半年前、会議室は3ヶ月前受付。
というか、重要文化財を貸し出しって、それって実はけっこう豪快な話かも。
[PR]
by channelp | 2011-01-20 03:08