<   2012年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

【動画】護身術ミニ体験

私の最近の仕事です。女性の護身術入門。橋本明子さんの美しさ、体のしなやかさと迫力に魅了されました。撮影しながら、やってみたくって体がうずうず。

すべての女性に見てほしいです。トークや実技の映像は、笑いありつつ、参考になります。

被災地、避難所などサバイバルな状況で、弱い立場にある女性が性被害にあうこと、悲しいけど事実です。なかなか表に出ませんが、このような講座を現地で行うことも難しい現状ですが、詳しく知りたい方は東日本大震災女性支援ネットワークの調査報告を見るとわかります。その時に何ができるか。

講師の橋本明子さんは、性被害の経験から護身術を学んだ方です。撮影・編集を担当しましたが、これは私いい仕事したなと素直に言える映像です。橋本明子さんは、キョンキョン似で素敵。




男女共同参画センター横浜南(フォーラム南太田)
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-minami/
が開催した「シニア女性の出番です! 防災塾」
http://www.women.city.yokohama.jp/find-from-c/c-minami/blog/2348.php
(2012年10月~11月、5回)の3回目、「護身術ミニ体験」。
講師はWEN-DOインストラクターの橋本明子さん。以下の構成になっています。
1 はじめに 護身術のためのストレッチ 8分半
2 講義 護身術の心得 10分
3 実技 20分

この防災塾は「災害時における女性の安心・安全を、地域にいるシニア女性が守ろう」と企画・実施し、日ごろから地域の見守り役である30名の女性が参加しました。
東日本大震災女性支援ネットワーク
http://risetogetherjp.org/
が実施した「災害・復興時における 女性と子どもへの暴力に関する調査」でも、避難所や避難先、仮設住宅で女性たちがDVだけでなくさまざまな暴力の被害にあっていることがわかっています。からだから自信を­つける護身術には86歳の女性まで参加し、さわやかな笑顔に。
「被害にあうのは若い女性に限りません。アメリカでは老いも若きも同じ率で被害にあっている」と講師。
どなたにも実技内容を見て練習していただけるよう、このもようをお届けします。

共催:横浜市市民局男女共同参画推進課、横浜市老人クラブ連合会、南区老人クラブ連合会
後援:横浜市南区役所、南区社会福祉協議会
撮影・編集:横浜市民放送局

[PR]
by channelp | 2012-11-30 23:08 | BLOG

【観察日記】ガーデンマムとモウセンゴケ

ベランダで咲き誇っているジャーマンガーデンマム
e0149596_20405251.jpg


e0149596_2043430.jpg
手前のピーチ色と、奥のバイオレットの2色。17日の嵐でバイオレットの茎が折れてしまった。慌てて取り込んで一夜の屋内避難。の最中の1枚と、ベランダでの1枚。嵐に負けずに今もまだまだ現役で咲き誇っています。そろそろ花の時期も終わりなのに、寒くなっても頑張る健気な姿に癒されます。こんなに豪快に咲き誇るなんて、かわいすぎて、食べてしまいたい。食用菊じゃないから無理。なでたら痛んじゃうから、必死におさえていますが、やっぱり触ってしまいます。けっこう肉厚な花びらでたくましいのです。ピーチの薄黄色と薄桃色のグラデーションが感動的に美しくて涙をそそります(マジで)。数年前まで女の子らしいものが苦手だったので、花に癒されるようになったのは関東に移住した4年前くらいから。以前は花より観葉植物派だった。花と観葉植物は似ているように見えて、愛でる感覚はちょっと違う。っていうのは、やっぱり共感されにくい私の個人的感覚。今はどっちも大好き。器でかくなったな、と勝手に納得してるという、やっぱり個人的な趣味です。

で、なぜかモウセンゴケ。
e0149596_20544518.jpg
の夜と

e0149596_20572617.jpg
朝。

マニアックな食虫植物ですが、案外、その粘液や生命の神秘に共感してくれる方が多かったので、嬉しかったです。この美しさを懲りずに伝え続けたいと思います。

モウセンゴケについては、こちらをどうぞ。(文章ちょっとグロい。写真だけでもどうぞ)
http://channelp.exblog.jp/19216794/
[PR]
by channelp | 2012-11-24 21:00 | BLOG

【動画】農業の明るい話題、暗い話題



神奈川を中心に、日本の農業と、農産物の流通における、明るい話題と暗い話題を素朴にお届けする「今月のやさい」。

しばらく更新が滞っていて、「今月のやさい」ではなく「今のやさい」に改名を考えています。(本気)
行動することが最善策なのに、名前を変えて体裁を整えようとするのは悪いですね。

今回は、シュールです。

いつものように、地物野菜市を横浜市内外で展開するNPO法人よこはま里山研究所の三好豊さんに、お話を伺っています。

今回の明るい話題と暗い話題

明:三好さんの周りの生産者、団塊世代からその子ども世代への後継が順調。赤ちゃんの誕生も相次いでいる。

暗:野田首相、TPPに参加発言。

暗:16日の選挙を前に、問題の本質に迫らないマスコミ(自民勝利の予測報道や、維新・太陽・国民の生活などの話題ばかり)。今に始まったことじゃないが。

暗:若い生産者と若い消費者をつなぎたい。しかし消費者は、自分が安全な食べ物を得て安心しているようにみえる。悪いことではないが、それだけでよいのか。日本全体の農業、生産者のことも考えてほしい。

明:全国農業協同組合中央会(JA全中)が活動方針で「脱原発」宣言をした。今後の動きが楽しみだ。

わざと、明るい話題と暗い話題を同じ数にしましたが、やはり体裁を整えてしまう悪い癖です。

暗い話題を敢えて取り上げるのは、私の座右の銘みたいなもので、人はとにかく明るい話題を出したがるのですが、それは嘘だと思うから。物事には、表と裏があることくらい誰だって知ってる。知ってるけど、見ないようにしてる。だから敢えて見せたい。笑っている自分の後ろに、どれだけの犠牲があるか。どれだけの犠牲のおかげで、私たちは成り立ってるのか。少しでも犠牲になる人や物を減らすために何ができるのか。何もできなくてもいい。考えるだけでもいい。気づいてほしい。気づいたら目をそらさないでほしい。気づかなかったことにして、やり過ごしていたら、どうなるのか。原発事故、ワーキングプア、いじめ、米軍基地、たくさんの問題がこれほど大きくなったのは、小さな歪みに気づかないふりをしてきた私たちのせいではないのか。
目をそらさないで見て考えてほしい、少なくとも、私は見たい。

今月のやさい公式サイト
http://yasaidayo.blogspot.jp/
[PR]
by channelp | 2012-11-20 23:49 | BLOG

【写真】さんかく

e0149596_21523912.jpg
どこでしょう。

e0149596_2154094.jpg
三角形いっぱい

e0149596_2155339.jpg
見上げても角角

e0149596_2156698.jpg
横浜市中央図書館です。

1994年4月に全面開館
設計者:前川建築設計事務所+ミド同人・永田包昭

モダニズム建築の前川國男氏の設計事務所による設計らしい。

Wikipedia横浜市中央図書館より

2011/11/16撮影
[PR]
by channelp | 2012-11-19 22:02 | PHOTO BLOG

【動画】警察・憲法・治安政策から「がくろう神奈川弾圧」を考える 清水雅彦



20011/10/25、神奈川県警公安3課は、学校事務職員労働組合(がくろう神奈川)の組合員ら4名を不当逮捕した(10・25弾圧)。2年も前の2009年に行った校長との労働行使が「強要未遂」にあたるというのが逮捕の理由であったが、交渉は双方の合意の上で行われた正当なもので、違法性のあるものではない。当然4名は釈放され、不起訴となったが、9日間の勾留、自宅、職場、実家への不当な家宅捜索は、4名の社会生活に大きな影響を及ぼしたが、誤認逮捕(警察側のミス)への謝罪はない。
がくろう神奈川は、小さな組織だが、学校事務職員労働問題だけでなく、組合員それぞれが、多くの社会問題を感じ、神奈川県内外の多くの組合や団体と協力してさまざまな社会運動に取り組んできた。日の丸・君が代強制反対、横浜APECにおける過剰警備などなど。今回の弾圧は、単純に2年前の労働行使についての弾圧ではなく、神奈川の社会運動の中心となる(と国家権力が分析・判断した)団体にダメージを与えるための弾圧だということは容易に想像がつく。

また、この時のマスコミ報道では、警察情報を鵜呑みに実名報道をしたのは読売、毎日、産経、朝日、東京新聞の5社だった。その後、釈放の記事をがくろう神奈川のコメント入りで掲載したのは毎日、朝日の2社だった。共同通信は、労組弾圧の不当逮捕であることを予測し記事にはしなかった。

10・25弾圧から1年、憲法学の視点から警察研究をしている清水雅彦氏(日体大教員)を講師に、「がくろう神奈川弾圧から1年、忘れてないよ!10・25集会」が行われた。

警察による不当な弾圧は、現在の脱原発運動の中でも頻繁に起きている。

清水氏は、憲法で守られている国民の権利と、警察という国家権力を比較し、治安政策や安全・安心という言葉のもとに行われている、市民への過剰な体制を指摘した。

警察の歴史、治安政策、警察の不祥事、過剰な警備(2008年洞爺湖G8サミット、2010年横浜APEC)、警察によ社会運動分析の現状(警察白書、治安フォーラム、警察公論等から)
「脱原発運動には、今まで運動に関わってこなかった人たちが多く加わっている。この運動の広がりを警察は恐れている。過剰な警備や弾圧することで、『運動をする人は悪い人である、運動に関わるのは怖いことである、いけないことである』と市民にアピールしている。憲法上の自由、権利を行使し、運動は続けられるべきであり、不当なものは批判して変えていかなければならない」
また警察の規模や予算、市民生活の現状から将来を見通し、
「警察は必要だが、警備・公安部門は縮小すべき。とりわけ政治的な意味合いが強い公安警察は将来的には解体し、戦後当初の自治体警察の復活が望ましい」と述べた。

2012/10/25 かながわ県民センターにて収録
[PR]
by channelp | 2012-11-17 19:28 | BLOG

【観察記】食虫植物モウセンゴケ

e0149596_2212444.jpg
↑夏の間、コバエや蚊をたくさん食べて大きくなったモウセンゴケ。朝陽に照らされてゴージャスですね。

e0149596_1201435.jpg
↑6月、杉田の商店街で買った時はこんなちょぼちょぼ(500円)だったのに

e0149596_22351025.jpg
↑9月にはこんな花が咲きました。

e0149596_22345685.jpg
↑株の真ん中からひょろっと伸びた茎の先につぼみがつきます。上の植木鉢あたりに白い花、見えますか?鉢の下半分は、お椀に入っています。腰水(こしみず)って言って、鉢の下から水を吸います。お椀に水を絶やさないように、夏は朝晩水を足します。

私にとって、モウセンゴケほど観察が楽しい植物はありません。ふわふわと儚げに見えて、実は獰猛な肉食系というギャップにぐっときます。

毛氈(モウセン)という毛の先の水滴は粘液で、飛んでいる虫は気づかずに、ぴたっと貼りつきます。貼りついたら最後、モウセンゴケは虫の体液を干からびるまで吸いとって食べてしまいます。

毛氈の罠にかかり、もがいている虫を見つけた時なんか、「うぉー!また仕留めたのね!カッコイイー!さすが!」と萌えます。じたばたしている虫には、多少の哀れさも感じることなく、モウセンゴケの残酷さを楽しみます。繰り返し、楽しみます。虫の息がなくなるまで、何度も見に行きます。これぞ命の営みです。

共感の得られない趣味の話はこれくらいにします。

食虫植物の話をすると、キモイコワイと言う人がけっこういるので、お口直しを。
そんな人はここまで読んでくれてないでしょうけど。

e0149596_22351325.jpg
↑グリーンカーテンが爆発的成長の末、激しく開花した雲南百薬(ウンナンヒャクヤク)。薬草です。別名オカワカメ。葉を湯通しするとワカメのようになるので、お浸しにして食べます。生ごみバケツたい肥と相性ぴったりで豊作。去年は震災時も野ざらしだったので食べる気になれなかったのですが、今年は収穫しました。根が成長して株分けして、今年は2株。花は去年の100倍以上です。去年は、ほんの1~2房?くらいしか咲きませんでした。

雲南百薬は、成長が早すぎるので、この観察も面白さ、ひとしおです。見るたびにツルが伸びています。すぐ天井まで伸びて制御不能になります。イヤホンのコードが絡まりすぎて音楽聴く気になれない、ってくらいにツルが絡まります。しかもツルはデリケートで折れやすいので、ほどいて網にきれいに絡めなおすことも不可能です。あっという間に、わっさわさになってしまいました。

e0149596_22351446.jpg
↑若干拡大版。可憐です。小さな花がびっしり。花が終わると散るので、散らかります。近所迷惑になってないかハラハラしました。今は、花は終わったけどまだ成長続いているので食べてます。根も芋のように食べられるのですが、なんだかもったいなくて食べられない。株分けしてほしい方、ご相談ください。

冬を前に、そろそろツルを切って、鉢を掘り起こして土を入れ替えて、冬支度しなきゃいけないのですが、ちょっとさみしいですね。

夏~秋の小さなベランダを振り返ってみました。
[PR]
by channelp | 2012-11-16 00:15 | BLOG

【司会】第2回神奈川チェーンソーアート競技大会

2012/11/11(日)、第2回神奈川チェーンソーアート競技大会の司会をしました。

第2回神奈川チェーンソーアート競技大会
http://ashigarart.jp/2012/program-2012/program05/6479.html
2012/11/3~12/2まで開催中のASHIGARAアートフェスティバルの中のイベントです。

e0149596_23272874.jpg
↑丹沢荘の朝。武田信玄ゆかりの山北町の中川温泉郷、やわらかいお湯が体に優しい。

e0149596_23291060.jpg
↑同じく山北町、丹沢湖ダム広場公園が会場。競技は1選手1テント割り当てられます。18選手が参加。前回の第1回大会は今年3月4日。住宅地の中での開催は、騒音クレームで今回はここに。ダム広場公園は湖面より低いところにあって見渡す限り、山です。

e0149596_2332737.jpg
↑制限時間は3時間半。山北町の水源林の間伐材の丸太が彫刻に。木目の葉脈に、しびれました。

e0149596_23352268.jpg
↑この作品タイトルは「美しきもの」だったはず。

e0149596_23365380.jpg
↑魚の丸みが生っぽくて、どきどき。

e0149596_2338589.jpg
↑ゲストの清水国明さんも「栗田師匠」と呼ぶ最優秀の知事賞受賞作家。Tシャツにも「彫る」の文字。栗田宏武さんは世界的に有名らしい。

e0149596_2340485.jpg
↑ガスバーナーで焦げ目をつけています。

e0149596_23423867.jpg
↑清水国明さんのチェーンソーアート実演。62歳、若い。

↓ここからは撮っていただいた司会風景

e0149596_23453759.jpg
↑気温9度の中、開会式直前。右下の実行委員長、緊張の面持ち。開会式はいつも緊張するけど、その場にいる人、環境すべてを信じて笑ってみる。するとたいていうまくいく。イベントは、私がいちばん楽しむのだ、って気持ちが大事。私が楽しんでたら、きっとみんな着いてきてくれる、そして一緒に楽しめるって、イベントが終わるまで思い続けること。

e0149596_23452956.jpg
↑開会式終わったとこ 着ぶくれしとる 着込みすぎて逆に暑い。

e0149596_23451920.jpg
↑競技開始して、清水国明さんとトーク

e0149596_23453145.jpg
↑清水国明さんと会場探索。清水さんのいろんなボケに対応しきれてない これはたぶん「え”ーーー?」とか言ってるとこ なんとか対応してるつもり 私の後ろで微笑む実行委員長、左の女性は手話通訳の方、2人ともいい笑顔。選手に耳の聞こえない方もいました。参加者や関係者が笑っていると、すごく安心する。これはとっても嬉しい写真。

e0149596_23453298.jpg
↑チェーンソー18台が一気にウィーーーーーン!!なので近くでもあんまり声聞こえない。みんな選手のチェーンソーさばきに夢中。

e0149596_23453624.jpg
↑チェーンソーアート実演後の清水国明さん 土台に彫ってある文字を
(清水さん)「読めるかい?」
(木村)「うーーーーーーん・・・・・・・・・・(悩むこと1分)・・・・・WELCOME!」
(清水さん)「あたり!」
冷や汗かいた。こんな長くてプレッシャーかかる1分は初めて。

e0149596_23453360.jpg
↑清水国明さんが45分間でつくったふくろうと。土台の「WELCOME」の文字、読めますか?

e0149596_23453454.jpg
↑選手と審査員、来賓の皆さんと閉会式後の記念撮影。掛け声は「あしがらーぁ!」寒いのにマッチョな腕が1人。(雨ふってる)

e0149596_23543876.jpg
↑予習も兼ねて読んだ「清水国明の自然暮らし検定」。小屋作り、焚き火、農業、キャンプ、釣り、怪我の対処、田舎での近所付き合いまで幅広い内容で使える。

素敵な暮らしを実践してる皆さんの技に感動した一日でした。

自然の中で写真や映像撮りながら、いろいろつくって、ゆっくり暮らせたらいいなぁ、と引き続き夢見ています。
[PR]
by channelp | 2012-11-15 00:01 | BLOG

【動画】仮の町構想をどう考えるか 第2回ふくしまフォーラム

2012.10.21 福島県いわき市の東日本国際大学で行われた「仮の町構想をどう考えるか 第2回ふくしまフォーラム」の動画です。

「仮の町」という名前ばかりが独り歩きしていて、現状はなかなか前に進んでいない仮の町構想。復興計画に関わっている丹波史紀氏(福島大学行政政策学類准教授 福島大学災害復興研究所)と、水田健氏(東日本国際大学経済学部教授)の2人が、「実際のところ、どうなっているのか」を丁寧に話した。
丹波氏、水田氏ともに講演で「仮の町構想を推進しているわけではない」という前置きをし、矛盾点や考慮が必要な点を明確に話した。時間もお金も行政職員も技術も何もかもが足りていない。簡単には進まない状況が重くのしかかってくる。

参加者との意見交換では、仮の町構想への不安や不満、さらには政府への不満が次々と飛び出した。丹波氏、水田氏とも、仮の町構想を先頭に立って進める立場ではないというのに。わかっていても、福島の現状の厳しさは、憤らずにいられないのか。原発を抱えてきた町、周辺の町にもともとあったであろう差別や断絶が、この災害をきっかけに噴き出し、渦巻いているように感じた。そこに首都圏から参加した人が放射能の危険性や政府の落ち度を指摘する。まるで存在しない犯人探しのようだった。

意見交換の最後、丹波氏は「総理大臣になった気分で聞きましたが…私は研究者なので、皆さんの声すべてを受け止めます。」と言いつつも、苦しそうに自身の話を打ち明けた。「…個人的なことは言わないようにしているのですが…私が住む福島市内の大学の宿舎の駐車場は昨年12月で8マイクロシーベルト、除染して5マイクロ、その後5月には5.6マイクロ。完全にホットスポット。なおかつ、うちの子供も甲状腺にA2のう胞が見つかりました。批判されている僕も被災者ですよ、と言いたくなってしまう。先ほど首都圏の方が(放射能の危険性について)言われましたが、たとえば選択的避難の権利として年間5ミリシーベルト以上で避難とした場合、僕もその権利あってよいと思います。ただ、首都圏が、福島県内からたとえば100万人を受け入れる責任や覚悟はあるのか。この原発災害は東京電力福島第一原発から出されたものです。福島県のものではありません。首都圏の生活を支えてきたわけです。それなのに(受け入れる覚悟という)メッセージが首都圏から発せられないことがむしろ歯がゆい。」

すでに3・11から1年半以上が経った。忘れてはいないか。今も苦しんでいる人たちのこと。東京電力の電気を使っている私たちの後ろに、この風景があること。災害の危険性は、全国どこにでもあるということ。目をそらさないでほしい。

丹波史紀氏(福島大学行政政策学類准教授 福島大学災害復興研究所)



水田健氏(東日本国際大学経済学部教授)



意見交換


仮の町構想をどう考えるか 第2回ふくしまフォーラム
http://fukushima.socialforum.jp/

木村静YouTubeチャンネル、再生リストを整えました。
https://www.youtube.com/user/cizcak/videos?flow=grid&view=1
[PR]
by channelp | 2012-11-13 22:48 | BLOG