<   2010年 12月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ちゃんとしてなくたって生きてていい

年の瀬名物、夜更かし記念にもうひと投稿。

今年は、やりたいこと全部やれた気がする。それなりに。

でも一番できたことは、「自分の意見を言えるようになった」こと。しかしそれまでに30年も費やしてしまった。

もう今となっては、信じてくれる人はいないかもしれないけど、私は気が小さくて臆病だ。

厳格な母ひとり、子ひとり。小学生時代は、95点以下のテストを親に見せることが怖かったし、「子どもが疲れたとか言うな」と言われてて、そんなの絶対に疲れる。なんか嫌だな、と思ってはいたけれど、何が嫌なんだかわからないまま、人に心を見透かされるのが怖かった。

例えば、今日私はスーパーで、はんぺん、がんも、こんにゃく、からしを買ったのだけど、レジに行けば「この人おでん」と悟られる。そんな些細な予想されることさえ、怖くて嫌だった。

そういう買い物が嫌じゃなくなったのは、男の人と一緒に暮らし始めた頃からで、それはたぶん「自分が好きな人のため」の買い物をしているという「他人のための義務」により自己正当化ができていたんだと思う。

そんな生活もなくなって、10年前にメディアの世界を目指し始めたときも、やっぱり、他人の目は怖かった。「他人の目が怖いからうまく自分を表現できない」ということに気づくまで数年かかった。

打開できたのは数年間の人間観察で、結論は「私が気にしてるほど、他人は私のことなんか気にしてない」
私は自意識過剰だった。

だけど気が小さくて臆病な自分は死んだわけじゃなくて、いつもどこかにいる。
例えば、講座の講師をするときは、たかが数時間じゃ何も伝えられないって思いながらも、「伝わらないかも」とか「冷たい目で見られるかも」と前日から憂鬱だし、評価とかスキルとかって忌み嫌う自分に相反して、コミュニケーションスキルを教えて実習で批評したりしているという自己矛盾に陥って苦しい。そういうことを書いている今も、講師依頼をしてくれた人や、笑顔で受講してくれた人に申し訳ないなと、また苦しい。

そうしていると、頭の中で
「自己矛盾に決して陥らない横柄な講師よりなんぼもマシやろ」って最近息づいてきた強気の自分がいたり、
「スキルより、ノウハウという言葉で片付けちゃおうよ」ってちょっと前からいる調子いい自分の声が聞こえたり、
「よっ、楽天家!」と、冷めてて客観的な自分の声が聞こえて、そしたら
「あーあ、なんだろ自分」って、昔からいる気が小さくて臆病な私がため息をつく。

それで結局最後は「しかたない、今日は寝よう」または「しかたない、今日は酒飲んで寝よう」となる。

あほくさ。

それにしても、おっかしいなと思うのは、
子どもの頃の私は、いつかきっと、ちゃんとした大人になるんだって信じてた。
そのあと、20歳になったらちゃんとした大人なんだ、って信じてた。
20歳になって、今はまだだけど、そのうちもっとちゃんとした大人になるんだろう、とか思ってた気がする。

30歳になって、ちゃんとした大人なんて存在しないことに気づいた。
たぶん私の「ちゃんとした」=「完璧」だったんだと思う。

未だに私はちゃんとしたことなどないし、ちゃんとした大人にもまだ出会ってない。
私が大人かどうかだって怪しいもんだ。現実逃避?

ちゃんとしてなくたって、いいかげんだって、生きてていい。

ただ、世の中は、ある程度ちゃんとしてないと生きていけなくなっていて、とりあえずいいかげんでも生きてていいって仕組みにはなってないようだ。

おととい、乙女ハウスで、ただ生きていたいだけなのに、どうしてこんなにお金がかかるのか、って話をした。

あーあ。こんな時簡になってしまった。
しかたない、今日は寝よう。
来年が、そうそう良くはならなくても、少しでもよい年になることを願って寝よう。
[PR]
by channelp | 2010-12-31 06:11

ジャーナリスト12・25号(JCJ日本ジャーナリスト会議発行)に載りました

e0149596_4212534.jpg


11/27(土)のシンポジウム 「市民メディアの未来と可能性」の報告記事がジャーナリスト第633号(JCJ日本ジャーナリスト会議発行)と、JCJ神奈川支部の会報誌に載りました。
紙媒体に載るというのは、やっぱり嬉しい。そろそろ古い感覚かもしれないけど。
金八先生並みにボリュームたっぷりの髪で写っていますね。

当日の様子はこちらで見られます。
【録画配信中】シンポジウム 「市民メディアの未来と可能性」11/27(土)
http://portside-station.net/2010/11/26/6611/

地味なアップロードにも関わらず、録画視聴100突破。ありがとうございます。
[PR]
by channelp | 2010-12-31 04:33

消費者が変わり始めた?今週のやさい2010/12/28



火曜の19時頃~「今週のやさい」という番組を放送している。
NPO法人よこはま里山研究所NORAの地もの野菜市にお邪魔して、野菜を売る三好さんにお話を聞く。
私が聞きたい、伝えたいことは、
今の旬の野菜はなにか。
今の神奈川の農家がどんな問題を抱えていて、消費者はなにを考えて食生活を送るべきか

仕事の邪魔にならないように、お客さんの買い物の邪魔にならないように、気をつけているのだけど、なかなか難しい。
中継を始めて、今週神奈川で採れる野菜を紹介。
そして、そのあと本題の三好さんの話。ところが話を聞いてもOKなタイミングが難しくって、生放送より収録して編集のほうがよいのかも、と思い始めている。
生放送だと、ずっと見てくれている人をだらだら待たせてしまって申し訳なくってね。。。

今回は年末で野菜市もお客さんが途切れず、話を聞けたのは放送開始から1時間後だった。
なので編集してYouTubeにUPしてみた。

生放送の映像を含めた記事はこちら。
http://portside-station.net/2010/12/29/6792/

e0149596_0223198.jpg

ずうっとオススメされてたけど、大きすぎて食べきれないな、と思って躊躇してた三浦大根を買った。
さっそくおでんと浅漬けに。
今まで食べてた青首大根とは大違い。みずみずしくって、すごく美味しい。これが本当の大根だったのか。もう青首大根には戻れないかも。
[PR]
by channelp | 2010-12-30 00:23

逗子市長選挙結果を受けて(キチアルTV取材)



1月9日のキチアルTV第2回の放送に向けて準備をしています。

この前つくったVTRをさらに短くしたものも、できています。3分42秒。


最初につくった5分20秒版。こちらと見比べてみると面白いかも。

[PR]
by channelp | 2010-12-29 21:54

毛と穴ゲット!

e0149596_22224985.jpg

友人が住む乙女ハウス(女性たちのシェアハウス)忘年会でした。

発行されたばかりのジン「毛と穴」を購入。

女と左翼運動、セクハラ、フェミニズム。

リアルな現状認識をさせてくれて、悩みを打開するためのバイブル的な「毛」。
宮下公園での女たちの座談会を書き起こした「穴」の2冊セットで500円。

かなりリアルに描かれていて、楽しく、重く、深い。


まだ読破してないけど、恐る恐る手にして、これは読まねば。と思った。

それは、フェミニストに批判されてしまうような、マッチョで強引でガツガツした肉食系な所が、おそらく私自信にもあるだろうという認識があるから。

読みながらゆっくりお風呂に入ろう。
[PR]
by channelp | 2010-12-28 22:22

那須で居住を考える取材

e0149596_2275873.jpg


那須ゆいまーるに来ている。

那須郡那須町の10万坪の土地で、持続可能なコミュニティを作る取り組み。
10月末にオープン、60~80歳代の8世帯12名が入居、女性9人男性3人が暮らしている。
人生の終わりをどこで誰と迎えるか、考えながら暮らす場所を選び、全員参加でルールを作り、第1期のメンバーが暮らしを始めたところ。

e0149596_2275183.jpg


霜柱がお昼に着いてもまだ残ってた。

標高500メートル。近隣の木材を使って作られた木目の建物。
昼食夕食は申込制で共有スペースで食べられる。
地元の無農薬野菜がおいしい。
敷地内には乳牛の放し飼い区域もあり、びっくりするほど美味しい牛乳が飲めるカフェがあった。
牛の体をなでたりした。子牛はかわいかった。母牛は大きくてあったかかった。牛は耳の後ろが気持ちいいんだって。なでてる近くでは豪快な放尿の母牛にもびっくり。

この冬一番の冷え込み。放し飼いの牛を探して帰ってきたら、雪が降ってきた。

e0149596_2275471.jpg


私は今夜一人暮らし用のお部屋に宿泊。バス・トイレ・キッチン付で至れり尽くせり。
星もきれい。

社団法人コミュニティネットワーク協会の近山恵子理事長は、
「(住人は)圧倒的に女性が多い。男性はどこかで女性が面倒見てくれるって思っているみたいね。ご主人を亡くした女性がここで暮らすことを選ぶことが多い。そして、その家族や兄弟も同居ではなく、近い部屋に住んだりすることも多いかな」

e0149596_2275411.jpg


女性たちと楽しい夕食。女性は最期まできちんと死ぬ場所を選ぶんだな、と妙に納得。女は現実的。
「私はどこで死ぬか」って話ができるってすごい。

今は広い敷地に住居と牧場とカフェだけど、これから病院施設やアトリエ住居、図書館などもできるという。

上京して2年、居候、ゲストハウス、ルームシェアという居住経験をして、そこそこ近くのつながりをもちながら、適度に個人の生活も守られている生活の心地よさを感じる。

祖父母を看取り、定年した母といずれ住むなら、母娘が孤立しないような、こんな場所が良いかもしれない。
いつでもひとりじゃない、って大事だな。

e0149596_2275198.jpg


明日は、朝から撮影、お昼はそば、農家の畑を見学して、温泉入って新幹線。まっすぐ横浜で忘年会出席。

早起きしたら、朝焼け見れるかな。

部屋に置いてあった、社団法人コミュニティネットワーク協会の近山恵子理事長の著書「こんにちは”ともだち家族”―老後と介護と女性を支える「ともに住まう」新しい生き方 (高齢社会をゆたかに生きる) 」を読んで寝よう。
[PR]
by channelp | 2010-12-25 22:57

新幹線に初めて乗ります

e0149596_10193460.jpg

今更ですが、新幹線に初めて乗ります。

間近で見た新幹線は、つるんとしてました。

「なすの」に乗って那須に撮影に行ってきます。
[PR]
by channelp | 2010-12-25 10:19

反改憲運動通信にNO!APEC TV報告記事を書いた

e0149596_059583.jpg


e0149596_059345.jpg


数日経って少しだけ書き加えたものをここに。

「NO!APEC TV~市民メディアと対抗運動による緊密かつ強力で安全な共同体の実現」
ポートサイドステーション 木村静

NO!APEC TVは、APEC開催中の11月12~14日、横浜からインターネットで48時間にわたりAPECを批判する番組を放送した。常に50~100名以上が同時視聴、デモ中継は最大150以上の視聴があった。のべ視聴数は5550、録画視聴は2000以上で、現在も伸びている。

この背景には、2008年洞爺湖G8サミット時の札幌「G8市民メディアセンター」がある。札幌で国内外からG8対抗運動を取材する独立メディア活動家を受入れた経験があった。
APEC開催を控えた横浜に活動拠点を移し、APEC対抗運動の存在を知り「いらない!APEC神奈川の会」に参加した。

不安もあった。どれだけ運動に密着できるか、運動側はどれだけ市民メディアに情報開示をしてくれるか、信頼関係を築けるのか。

不安はすぐに解消された。
不気味なまでのAPEC歓迎ムードに「今伝えなきゃ、反対の声はかき消されてしまう」という危機感。神奈川の大らかな対抗運動ムードに勇気付けられ、とんでもない企画が生まれる。APECまで1ヶ月をきった10月中旬のこと。

生中継をした「いらない!APEC横浜民衆プレフォーラム」パネリスト・小倉利丸さんから「48時間放送」の提案。神奈川の会・京極紀子さんから「自分たちの情報は自分たちのメディアで発信したい」という言葉。驚き胸が熱くなり、怒涛の1ヶ月の幕開け。

札幌や東京のメディア運動家に呼びかけ、企画会議、サイト構築、TwitterやFacebook等を使った告知。さらに地元横浜の市民メディアへも参加を呼びかけた。運動と市民メディアの連携という、横浜に新しい風を送ることができた。

3週間の準備期間、約20名のメンバー、48時間の生放送。

スタジオは水上警察所向かいのポートサイドステーション。警察署の窓ぎわにずらり並ぶ警察官に見守られての48時間は、互いに体力勝負。アジアの労働問題批判の傍ら、ボランティアで徹夜労働とは何事か。技術スタッフ不足は課題で、仲間には頭が上がらない。

しかし円滑な協力体制で充実したAPEC批判を弾圧なく無事に終えられた。それは市民メディアと対抗運動がいかに緊密かつ強力で安全な共同体であったかを明確に示した。

APEC最終日の11月14日、政府は「横浜ビジョン」として、APECは「緊密かつ強力で安全な共同体」だという宣言を発表したが、自由貿易の促進により各国の営利追求を目的とした非公式会議で、共同体の実現など有り得るわけが無く、むしろこの共同体は、対抗運動の側に今後の展開を期待させる大きな希望として実現した。

NO!APEC TVの勢いを受け継ぎAPECから3週間後の12月5日、「神奈川にも基地があるんだよねTV(キチアルTV)」が開局した。沖縄についで第2の米軍基地県である神奈川の基地問題を毎月1回インターネットで発信し、米軍基地・自衛隊という安全保障の問題に向かう。次回の放送は2011年1月9日。

ウィキリークス創始者の別件逮捕(釈放されたが)、放送法改正、石原東京都知事の青少年健全育成条例の改正案、ACTA(模倣品・海賊版拡散防止条約)などを考えても、情報発信や表現は権力によって監視され、表現の自由は奪われつつあり、自主規制を促す風潮もある。しかし、私たちの運動はこれからが本番である。神奈川から始まった市民メディアと対抗運動の連携に今後も注目いただきたい。

(掲載元 反改憲運動通信第6期No.15 2010.12.22発行)
[PR]
by channelp | 2010-12-25 01:03

リバーサイドステーション今日21時~23時生放送MCです

横浜・野毛の近く都橋にタカムラノリコさんと仲間が営む週末だけの小さなお店「Women's Networking Cafe はる美」がある。
http://plaza.rakuten.co.jp/wncyokohama

毎週木曜はタカハシアキラさんの似顔絵バー「牛之屋」(うしのや。牛小屋ではなく)が営業。
その牛之屋で第4木曜はリバーサイドステーションという放送局が開局。

e0149596_16151016.jpg


はる美でやっている、牛之屋の、リバーサイドステーションという、
これまたよくわからない感じが横浜市民放送局らしい感じなのですが、ほろ酔い放送局のようである。

12月3日には、はる美オープン6周年&開局記念放送。
誕生日祝いもしてもらった。名物の新聞女ハットでご機嫌。

e0149596_1615725.jpg

そのときの録画
http://www.ustream.tv/recorded/11223949

今夜は、今年の総決算放送。
ハシモトコウジさんに「来てくださいね」と言われたので、「はーい」と言ったら、MCになってた。なんてこった。

=====

リバーサイド・ステーション情報!
http://plaza.rakuten.co.jp/wncyokohama/diary/201012220001/

ヨコハマの市民放送活動の宝、
なくてはならない橋本さんからの告知を転載いたします~

 12月23日(木・休)21時~23時頃、横浜・都橋のミニBAR「はる美」より、
 川っぷち放送局「リバーサイド・ステーション」生放送を行います。
 http://www.ustream.tv/channel/riverside-station

 MCシズカと多彩なゲストにより、この一年のヨコハマのシーンを振り返ります。
 酔いに任せた今宵だけの「ぶっちゃけトーク」にご参加を。
 ツイッター対応はもちろんですが、この機会に横浜の魔界「都橋」に
 お立ち寄りいただき、飛び入り生出演も大歓迎です。

 ■はる美
 http://plaza.rakuten.co.jp/wncyokohama/

 技術的には、狭い店内で最小限の機材で最大限の放送効果を
 あげるための工夫をイロイロと。
 うまくいくかなぁ。

 ■横浜市民放送局
 http://c-tv.jp  
 http://y150.tv  


何が飛び出すか、今から楽しみですね~
橋本さん @koji_hashimoto どうぞよろしくお願いいたします。

うしのすけさん@ushinox もよろしくです~
ノリスケ @norisuket でした~

=====

多彩なゲストってだれだろう。
酔いに任せた今宵だけの「ぶっちゃけトーク」を期待されているのか。
できるかな。

とりあえず都橋で、お待ちしています。
[PR]
by channelp | 2010-12-23 16:26

キャンプ座間座り込み取材の動画

今日のまとめ動画↓


個別インタビュー↓






毎週水曜に米軍座間キャンプゲート前で座り込みをしている「バスストップから基地ストップの会」を取材した。
バス停のベンチから始まった座り込みは今はゲートのまん前まで進んで頑張っている。もう5年だそうだ。

来年80歳になる熊野さんは、石原都知事の東京都青少年健全育成条例の改正案も、性描写を禁じることは、戦前の言論統制の始まりと重なる、恐ろしいことになりそう、と危惧している。私も激しく同意した。

ウィキリークスの創始者逮捕、放送法改正などを考えても、情報発信は監視され、表現の自由の危機が迫ってきている気がする。
伊東さんのインタビューの時、遠くにこちらを監視する警官の姿も映っている。

神奈川にも基地があるんだよねTV(キチアルTV)の第2回目の放送は1月9日19時~20時。
特集は「見えないから怖いんです。キャンプ座間」。見えない基地の中で何が行われようとしているか、考えます。
http://kichiarutv.blogspot.com/

[PR]
by channelp | 2010-12-23 04:27