<   2009年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

濱の市からstickam中継します

明日、というかあけたので今日ですが、ポートサイド地区濱の市から朝市を中継します。
以下のページです。
http://www.stickam.jp/profile/pansy
マンション街の広場で毎週開催していた朝市は今日をもって最終回となります。
原因はマンション運営管理組合の理事長からのクレームということで、取材をもっと進めなければと思いつつ、二の次になってしまっているのですが、公共の場をどうやって非営利団体が維持していくか考え動くことはとても意義があると思う。そう、商業の人が多いように見えても、本来の対面販売とか、基本に返ろうと動いているところにこの朝市を行う意義があるように思うのです。
明日は、神奈川県内の市を開催している人たちが集まる「朝市サミット」(私自身はサミットというネーミングは良いとは思っていない)が行われ、ポートサイド地区はきっと賑わうはずなのだが、ここだけの話、保健所のなんとかとか、火気使用のなんとかで、濱の市会場にはあったかいものを出店するブースが多く出る。
そう、濱の市は最初から道路使用許可をとっていない。何年もその形のまま市を続け、近隣に住む人たちに受け入れられ憩いの場となる、公共の市を作り出してきた運動である。
明日は、濱の市最終回でもある。
上記のサイトから、10~15時くらいまで中継をする予定ではあるが、ハラハラドキドキ、何が起こるかわからない。
私自身は、道路は税金を払っている市民のものであると思うし、誰かに危害を及ぼさない限り、使用許可なんていわれる筋合いなんてないと思うのだが、大人の社会はそうではないのかもしれない。
とにかく、この記事が残り、明日はちゃんと中継ができているならば、横浜のマンション街のひとつのゲリラプロジェクトはなんとかなっていると思ってほしい。
公共の場で。公共のために行う市について思うことをここで小さく書きとめておく。
[PR]
by channelp | 2009-11-29 01:48

CREAMディレクター住友文彦さんによるガイドツアー4



明日11月29日まで開催中の「CREAMヨコハマ国際映像祭2009」ディレクター住友文彦さんによるガイドツアー3 。写真と音声でお楽しみください。Bank ART StudioNYKの3Fの作品解説です。
写真 岩田稔夫(TAEZ!編集長)
CREAMヨコハマ国際映像祭2009
http://ifamy.jp/
TAEZ!(TakeArtEazy!)
http://takearteazy.wordpress.com/
[PR]
by channelp | 2009-11-28 12:33

CREAMディレクター住友文彦さんによるガイドツアー3【動画(写真と音声)】



明日11月29日まで開催中の「CREAMヨコハマ国際映像祭2009」ディレクター住友文彦さんによるガイドツアー3 。写真と音声でお楽しみください。Bank ART StudioNYKの2Fの作品解説です。
写真 岩田稔夫(TAEZ!編集長)
CREAMヨコハマ国際映像祭2009
http://ifamy.jp/
TAEZ!(TakeArtEazy!)
http://takearteazy.wordpress.com/
[PR]
by channelp | 2009-11-28 10:19

CREAMディレクター住友文彦さんによるガイドツアー2【動画(写真と音声)】



明日11月29日まで開催中の「CREAMヨコハマ国際映像祭2009」ディレクター住友文彦さんによるガイドツアー2 。写真と音声でお楽しみください。Bank ART StudioNYK前で集合し、1Fのクリスチャン・マークレーの作品を見た後のCREAM全体についての解説です。
写真 岩田稔夫(TAEZ!編集長)
CREAMヨコハマ国際映像祭2009
http://ifamy.jp/
TAEZ!(TakeArtEazy!)
http://takearteazy.wordpress.com/
[PR]
by channelp | 2009-11-28 07:33

(追記あり)Twitterによる発言の流布と一人歩き

あさってCREAM内で行う非公式会議「アートと地域力ネットワーク会議〜横浜トリエンナーレ2011へむけて〜」のTwitter中継を考えていたが、見合わせることにした。

参加予定の方々からの意見で、会議の円滑化とネットワーク形成の重要性と緊急性を考えた結果による。Twitterでの中継を見る予定だった方には大変申し訳ないことで、反省している。がその一方で、参加する皆さんの本気が伝わってきて、嬉しくもある。

Twitter中継とは、シンポジウムやトークイベントでの発言の一部を切り取って、その場に居合わせたTwitterユーザーがつぶやき続けることで、参加していない人もTwitterでその場の雰囲気や話の内容を知ったりできる。
私自身は、その発言でいくつものトークイベントの内容をざっと知ることができて、便利でよいものと思い込んでいたが、今回のことで、その危うさを知ることができた。
前後の文脈がないまま、切り取られた発言からだけでは、発言者の伝えたかった本質は伝わらないということ。

一つだけ例をあげさせていただくと、以下のブログでは、11月23日に開催された『墨東まち見世2009関連トーク「地域密着型アートプロジェクトの可能性」』でのTwitter中継がまとめられている。
http://d.hatena.ne.jp/shikkaiya_tokyo/20091123/1258991927
どれも力強い発言で、とても有意義な中継だが、この段階で、発言者の言いたかったことが、ここにある言葉の通りかどうかは、発言者以外わからない。
Twitterは、フォローしている(発信した人の発言が読める状態にある)人や、ハッシュタグというキーワード検索などでその発言を読んで、発言を引用してすぐにアクションをすることができる。そうして、Twitterでの発言は一人歩きしていく。
最初の発信者が、誰か(○○さん)の発言を聞いて、「○○さんがこう言った」と発信するとき、そこに○○さんの意思はない。

これは、かなり怖いことなのかもしれない。誤解を生む危険性がある。言葉による表現の抑制にもつながることになるのかもしれない。

ということに気づくのはちょっと遅いのかもしれないが、人の発言を自分なりに解釈して発言するときには、発言者のへの配慮を忘れてはならないし、発言者が望まない形での発信は避けなければいけないと思った。

追記
そう、もとより、これは会議なのだ。シンポジウムならばまだしも、公開で会議するということの意義と危うさ、微妙な開き方の会議になってしまったことへの反省点を今後に生かさなければ、と思った。
[PR]
by channelp | 2009-11-26 22:12

CREAMディレクター住友文彦さんによるガイドツアー【動画(写真と音声)】



CREAMディレクター住友文彦さんによるガイドツアーを動画(写真と音声)でお届けします。
※ただいま編集中につき、完成したものを順次追加していきます。(おそらく追加は明日の夜です)
[PR]
by channelp | 2009-11-25 20:56

【追記あり】横浜トリエンナーレ2011へむけて地元アート団体が公開会議CREAM会場内で11/28開催

※Twitterで中継の予定をしていましたが、会議の円滑化とネットワーク形成の重要性と緊急性、Twitterでの引用された発言の一人歩き等を考慮した結果、中継を見合わせていただきます。会議の内容は後日TAEZ!ホームページで報告させていただきます。ご了承ください。(※11月26日追記)

e0149596_2012557.jpg
TAEZ!メンバーでもある私は、当日Twitterで中継します。(木村静のツイッターはこちら)発言が重要視されるイベントでは、動画中継よりも短い書き取り言葉の羅列のほうが、一目見てわかるから、多くの人に伝わる、と思い始めた。
横浜市内のアートプロジェクトのネットワークを組んで、2011年の横浜トリエンナーレに生かしたい、という試み。有名アーティストの作品を持ってくるだけではなく、地元に根付くコミュニティアートにも目を向けて横浜のアートを育てていけないものか、と新参者ながら、これまでの事例を聞いて私は考えている。

==詳細==
「アートと地域力ネットワーク会議〜横浜トリエンナーレ2011へむけて〜」

横浜各地でさまざまな活動を展開しているアートNPOが日常の活動の中でどんな課題に取り組み、どんな可能性を見いだしているか、そしてネットワークすることの意義を、情報を共有しディスカッションを行いたいと思います。また、横浜トリエンナーレに象徴される横浜市の文化行政に対するかかわりについて、積極的な展望を探りたいと考えます。公開会議ですので、当日会場内にいる方なら誰でも参加できます。

日時 2009年11月28日(土)17:00〜

会場 CREAMメイン会場1新港ピア ラボスペース

横浜市中区新港2-5(新港ふ頭)

みなとみらい線馬車道駅(6番出口)徒歩10分

JR、市営地下鉄桜木町駅 徒歩15分

※ヨコハマ国際映像祭2009入場券(一般1300円)が必要です。

会議終了後に懇親会を予定しています。

主催 アートと地域力ネットワーク(仮称)、TAEZ!

次のテーマで話し合いたいと考えています。

・どんなネットワークを築くか

・トリエンナーレへのかかわりと提言

今回はART LAB OVAさんのご手配により、開催中のCREAM/ヨコハマ国際映像祭2009の一角に会場をお借りすることになりました。会議の前に是非ともご観覧ください。



「アートと地域力ネットワーク会議〜横浜トリエンナーレ2011へむけて〜」

参加予定のみなさん

・ART LAB OVA 蔭山 ヅルさん

・大岡川アートプロジェクト 服部 典子さん

・金沢文庫芸術祭 浅葉 弾さん 浅葉 和子さん

・寿オルタナティブネットワーク (予定)

・ジャック&ベティ 梶原 俊幸さん

・創造と森の声 (予定)

・吉田町アート&ジャズフェスティバル 山内 庸数さん

…………………………………………………………………

話し合いたいテーマ

1. ネットワークの構築(日常的な活動)

・ネットワークの体制

・情報の共有と発信

・人的交流

・アーティスト支援のしくみ

・出版

・そのほか新しい展開の試み

2. 横浜トリエンナーレへのかかわりと提言

・地域の資源を活かした連携

・市民ネットワークによる広報

・地域拠点におけるアーティストの育成

・ボランティアコーディネート

・セルフエデュケーションの実践

・こどもの教育

・ほか
[PR]
by channelp | 2009-11-25 20:13

はずかしい!参加した「ご近所映画クラブ」の完成作品がUPされた。

完成した映画がアップロードされました。


そのほかの参加グループによる作品もこちらのYouTubeチャンネルで見られます。
また、会期中平日開催のご近所映画クラブは満員御礼につき、「100人ご近所映画クラブ」についての詳細もこちらのCREAMラボスペースブログにUPされています。
[PR]
by channelp | 2009-11-25 19:40

卓球もできるよ。CREAM勝手にプロモ。

11月22日、新港ピア会場ラボスペースにて。

[PR]
by channelp | 2009-11-24 23:30

植物をひろう

e0149596_23242912.jpg

今朝、近所のマンションのゴミ捨て場で観葉植物を拾った。
ビニル袋からてっぷんの部分がはみ出してて、驚いた。
鉢植えだったら持って帰らなきゃ、って思って中身をみた。

根が生えている植物は、生きている。
生きている命がゴミ捨て場に捨ててあって、私はゴミ捨て場から命を拾ったことになる。
リサイクルショップで一目惚れして買った花台に納まってくれた。
一緒に映っているのオレンジ色は、なんとかピアー、とかいう、梨に似ているからこんな名前がついている植物の実。たしか実際はピーマンの仲間だったはず。引越し前にどっかの道端で拾って、何よりも先にこの部屋にたどりついた。拾いものつながり。

今日拾ったこの木は、ゴールドクレストという観葉植物で、札幌で暮らしてたとき育ててたのと同じのだった。
枯らしてしまったか、引越しのときに友達にあげたか忘れてしまったけど。

この植物は、まっすぐとバランスよく育てるのは難しい。
肥料や日あたりを相当がんばらないと、ひょろひょろとして傾いた三角になるか、三角でもないいびつな形になる。ちゃんと成長させた花屋さんで見るゴールドクレストは、市販のクリスマスツリーのようにきれいな長三角をしてるけど。

今日ここに来た木も、下の方は少し枯れてきているし、枝の長さはそろっていないし、ぐにゃっと曲がって伸びている。でもまだまだ枯れきっていないので、特有の杉のようなレモンのような香りがする。なつかしい。60センチはある、大きな観葉植物としばらく暮らす。
[PR]
by channelp | 2009-11-24 23:24