<   2008年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アウトサイダーアートとは 映画「破片のきらめき」を見て

e0149596_2111454.jpg初めてアウトサイダーアートという言葉を知ったのは1年ほど前のこと。そして今年1月に、道立旭川美術館でローザンヌ アールブリュット・コレクションと日本のアウトサイダー・アート「アール・ブリュット 交錯する魂」を見た。精神病を患ったり、生まれながらにして障がいをもつ人々の粘土細工、絵画、コラージュ、個性的な作品に心を打たれたのことが記憶に新しい。
このように専門的な美術教育を受けずに、アート活動をする人々の作品を「アウトサイダーアート」というらしい。この定義を障がいをもつ人のアートと連想する人も多いが、必ずしもそうではない、という記述もWikipediaにはあった。

このWikipediaのページを読んで少し安心したのだが、今日、映画「破片のきらめき」を見て、改めて「アウトサイダー・アート」という概念そのものに疑問を抱いた。誤解を招きそうなので先に言っておくが、映画の中には「アウトサイダー・アート」という言葉はほとんど出てこない。
最後の方で、精神病院のアトリエ出身の画家が銀座のギャラリーでの個展が決定した場面で一言「「アウトサイダー・アート」としてではなく、一人の画家として個展を開けることが嬉しい。やっとスタート地点に立てた」と言うのだ。
この映画は10年間かけて、実際にある東京都八王子市の精神病院内のアトリエで撮影されたドキュメンタリーだ。ここでは自分の精神状態や行動を作品にして交流することで、自分や他人や社会を見つめ合うコミュニティーが形成されている。
それは、美学校や共同アトリエなどでもよく見られそうな場面だった。

先日、私が勤務しているOurPlanet-TVのインタビュー番組「ContAct」でも高橋愼二監督が出演し、言っていたが、「心の病だから、というものは特になくて、不安定な仲間を心配する、入院したらお見舞いに行く、励ます、当然のことなんですよね」

最近、既存の概念やシステム、固定観念に疑問を持ち考え込むことがよくあるのだが、今日はこの「アウトサイダー・アート」に疑問を持たずにいられなかった。
専門的な美術教育とは何なのだろう、芸術はそれなりの教育を受けなければ生まれないものなのか。
才能とは、教育により作られるものなのか。教育云々の話で「アート」と「アウトサイダー・アート」と分けるのならば、そこには「教育を受けていない」というレッテル=差別が存在するのではないだろうか。

人間には多かれ少なかれ欠落している部分があるものだ。しかし同じ命には変わらない。誰の作品、どんな場所で生まれた作品などという理由で価値を決めてはいけないのではないだろうか。
芸術に取り組むひとつのアトリエの姿、アーティストたちの姿として描かれたドキュメンタリーを、そのままに受け止めて欲しい。

渋谷アップリンク(~1/9)、横浜ジャック&ベティ(~12/26)にて公開中。絵画作品点も開催中。
自主上映も募集中。

★OurPlanet-TV「ContAct」高橋愼二監督インタビュー「カメラが映した精神科病院のアトリエ」
★「破片のきらめき~心の杖として鏡として」公式ホームページ(割引券あり)
★予告編(YouTube)
[PR]
by channelp | 2008-12-23 21:05

最近のベンチ

e0149596_1854936.jpg
最近見かけるベンチには座席に仕切りがついている。
寝転べないようになっている。
ホームレス対策のようだ。
対策する気持ち、対策される気持ち、どちらを考えても切ない。

(保土ヶ谷駅前)
[PR]
by channelp | 2008-12-23 18:06

都会のタヌキ


ここ数日の冷え込みも少し和らいだ。雨も上がって洗濯日和。今日は日差しが強い。こちらでは北海道では「夏のもの」と思い込んでたものが常にある。洗濯物をベランダに干す、布団を干す、シャウトしながら走る暴走族・・・12月と思えない風景が不思議で楽しい。雨上がりの朝の民家の前には傘が並ぶ。
5色の傘がポップに並んでいて、その傘が乾く前に写真におさめたくて散歩に出た。
e0149596_1534118.jpg
もう10日も前のことだが、新国立劇場に「黒猫」を見に行った。奥秀太郎監督の映画が好きだ。その奥秀太郎脚本・演出の芝居。昨年見た映画「カインの末裔」の続きとも思えるような川崎を舞台にした
暗くて救いようのないリアリズム。労働・差別・家族愛・嫉妬・ご近所関係・公害・NHK・・・あらゆる社会問題を取り込んだ残酷な話。残酷で汚い人間社会のリアリズムを映し出すことで痛烈な社会批判を感じた。その重苦しい感覚がすっきりと体に入ってきて、なぜか心地よかった。
映像と照明と音響、技術をフルに使った手法にも驚いた。出演者の一人は知人の杏璃尚美さん。彼女も今年札幌から上京した。役者のタイミング合わせに重点を置いた稽古はとても厳しかったそうだ。

1月からのもう一つの仕事が決まった。これまでの経験が生かせそうな面白そうな仕事だ。
e0149596_15395550.jpg
毎日めまぐるしくいろいろなプロジェクトが動いたり、動かしたりしていて、ある日は1日がとても長かったり、ある日は瞬きしてる間に終わってしまうような日常。
かいつまんで言うと、里山近くの都会に住みつくタヌキ。(アライグマではない)
ゆかいであり、深刻である。
[PR]
by channelp | 2008-12-18 15:28

復活祭

e0149596_037998.jpg
めでたくふっかーつ!!居候させてもらってる友人とスパークリングワインで乾杯!ほんとは3日の夜に空ける予定だったのに、2日も遅らせてごめんよ。

職場では来年の業務計画。担当プロジェクト決定。企画を練らねば。ああ、嬉しいなぁ。

仕事が終わって、御茶ノ水駅まで歩く道。そこでいつも、「おお。東京じゃないか、ここ」と実感する。同じ服、同じカバン、同じ帽子、同じ音楽、身に付けているものは何一つ変わらず、周りの風景だけ、違う。もう4週間。考えたかったこと、話したかったこと、集中したかったこと、知りたかったこと、全てに惜しみなく向かっていられる。幸せなことだけれど、そこから何かを生み出し、次に生かさなければ意味が無い。

e0149596_0454130.jpg昼間の雷雨は凄かったらしい。稲妻もスコールも見逃した。仕事中だから音だけ楽しんだが、見たかったな、かっこいい稲妻。けど実際は洒落になってなくて、神奈川県藤沢市と鎌倉市では停電、都内でも屋根が飛んだりしたと。怖い。日常信頼し切っているシステムは、いとも簡単に崩壊する。同じ環境、同じエネルギー供給、同じ食料、同じ毎日が明日もやってくるという保障はない。だからといって生き急いだりはしないが。

e0149596_0475396.jpgいつもの通り、書きたいだけ書きなぐっている日記は、そろそろ考え直さねばと思うが、こっちのブログ(アワプラ事務局日記)にも今日は勢い任せで書いてしまった。反戦と抵抗の祭(フェスタ)を振り返ったのだが、昨日の日比谷での2000人集会、大分のキャノンの派遣従業員解雇問題に触発され、思うがままに荒削りな持論を・・・書きすぎたかも。いや書ききれてないかも。いつもアップデートしてから不安になる癖。最近知り合った芸術家は「自主規制をやめ、オフィシャルな場を壊したい」と言っていた。表現・思想・言論の自由。自由と言えども正誤や責任はある。足りない知識に焦りを覚えつつ、進む。

ああ、なんだか根暗な感じの日記になってる。ストイックと思ってもらえると嬉しいが。

さて、明日は休みだ。カレーを作ろう。
e0149596_0381955.jpg
←復活前
[PR]
by channelp | 2008-12-06 00:54

お祝い

e0149596_0382119.jpg3日、就職が決まった学生インターンの子と一緒にお祝いしてもらった。神田駿河台にあるノアパパスウィーツのケーキは素朴な味でおいしかった。嬉しかった。人数分に切ってくれるサービスはなかなか◎。

誕生日だと言うのに、頭痛と寒気。仕事がひと段落ついて気がゆるんだか。

4日、寝た寝た寝た。明日には復活するのだ。
[PR]
by channelp | 2008-12-05 00:40

週間レポート

また気づいたら1週間経過。これじゃ日記じゃない、週記だ。
気ままなその日暮らしの癖で毎日何かを続けることが苦手だ。
とにかく、1週間を振り返る。

e0149596_19563018.jpg11/23(日)横浜トリエンナーレBankART会場へ。大混雑。みんな楽しもうとやってくる都会的な芸術っぽさを感じる。BankART1929はNPOが運営しているギャラリーのようだ。面白い空間。e0149596_2023351.jpgBankARTには、朝と夜だけ開放している屋上公園みたいなところがある。木材を作った船のオブジェ、すのこを円形に高く積み重ねた階段には上れるし、カラフルな布で屋根を作っているステージには音の出る楽器がある。花や野菜も植えてあり、ミツバチ小屋もあった。この日はのびアニキというのびたくんの格好をしたパフォーマーがいて、映像放映していた。タイヤのチューブが積んであったり、テレビが見れる空間もあった。夜の控えめなライトアップも雰囲気があっていいけど、次は明るいときに行ってみたい。日中の開放は、朝9時台の1時間ほどだから早起きしなきゃ。

e0149596_2042436.jpg11/24(月)恵比寿ガーデンプレイス内の東京都写真美術館で日本の新進作家展vol.7「オン・ユア・ボディ」(~12/7)。6作家70点以上の濃厚な写真展。天候のせいか空いててじっくり堪能。最近は美しい写真よりリアルな刺激のある作品が好きだ。志賀理江子さんの写真がよかった。攻撃的で、怪しく不気味で、ポップでシュールな暗さ。しばらく見入ってしまった。同い年だった。なんと。会いたい。雨が降り出したが、代官山ヒルズ「シェル美術賞展」へ。友人小林麻美の作品が入賞して展示されている。最終日なんとか間に合った。フェンスの向こうの景色。彼女の最近のテーマ。窓、網、何かを通して外を見るということ。この場と外の世界を隔てる何かがあるということ。隔てる何かがあることによって自分は自分であることを認識しているのかもしれない。人は何をもって自分を認識し、安心するのか。村上龍「愛と幻想のファシズム」上巻を読み終えて、そんなことを考えこむ。

e0149596_209104.jpg11/25(火)始まったばかりの2つのプロジェクトの事務作業などひたすら。どれも目的がはっきりしていて、直線的に向かうことができる。夕方総務省へ。この模様は27日のこととまとめてここに書いた。

e0149596_2072125.jpg11/26(水)翌日の準備どたばた。

11/27(木)ComRightsイベント。スカイプとスティッカムを使って映像・音声のオンライン環境を整える。50名の参加者だけでも話がどんどこ進み、せっかくオンラインでつないだ全国の参加者に話を聞けず、反省。でも、ネット回線使えば容易に全国会議ができるのだ。これはなかなかすごい。繰り返しだが、詳細はここ(アワプラ事務所日記)に報告してある。
2次会。家が遠いので早めの終電近づきいつもの通り、「中締めの乾杯」を提案したら不思議な顔をされた。あ、これは北海道独特の風習だったか。しかしここは強引に「中締めの乾杯」をする。戸惑う周りをよそに私一人すっきりして帰ろうとしたが、「泊まっていいいですよ」と職場の人からありがたい言葉。都心の遅めの終電で帰り、泊めてもらう。

11/28(金)前日のまとめと、別プロジェクトの会議準備、ビデオのナレーション録音、そして会議。大事な申請書類の締め切りが迫っている。よし書くぞ。
e0149596_20212992.jpg母からコートとジャケットが届いた。と思ったら、ボックスティッシュ2箱とポケットティッシュいっぱいと、台所用洗剤とお菓子とハンガー2つ!えええええ????
その下にコートとジャケット発見。おかあさーん・・・ありがとう。

e0149596_20245273.jpg11/29(土)反戦と抵抗のフェスタ1日目。夕方ちょっと顔を出す。週末の渋谷はすごいや。キラキラしてる人ごみ。都会のキラキラは不思議な景色だ。ここはどこなんだろって、ぼんやりしてしまう。いや渋谷なんですが。
e0149596_20261537.jpgレーザー落書きのワークショップ会場に行ってから、麻生邸ツアーを振り返るトークイベントへ。会場の熱気が半端なくて、びっくり。帰ってイワシを煮付ける。

11/30(日)反戦と抵抗のフェスタ2日目。サウンドデモだー。e0149596_20285425.jpg一参加者として楽しもうと思ってたら、なぜかパフォーマンスグループに。先回りして合流したとたん大パニック。胃がピキーンとしたよ。ああ心臓に悪い。結果、大成功か。楽しかった。そのうち映像になるようだ。e0149596_20294070.jpg夜の宮下公園はものすごく寒くてビールじゃ酔えず。たこやきの焼き上がりを待たずに帰る。たこやき・・・

12/1(月)申請書類しめきり。気合作文。お昼の自給自足屋の雑穀弁当(600円)がおいしかった。夕方、サンマルコ(っていうコーヒーショップ、よく駅の近くとかで見かける)のチョコクロワッサンがおいしかった。書き上げて、帰ると雨だ。外も寒いが室内も寒い。うちの家では「なんか変な寒さ」を「うそうそする」って言うのだけど、これ標準語ではないのだろうか。最近「うそうそ」って時代劇が放送されているが、そこでいう「うそうそ」は江戸弁で「うろうろ」の意味らしい。てことは私が使っている「うそうそ」は江戸弁ではない。「なんか変な」までは合っているが、「なんか変な」が修飾しているのは「寒さ」ではなく「動き」か。「うろうろ=なんか変な動き?」なんか違うか。まあいいや。

e0149596_2102027.jpg12/2(火)ボタンが咲いてる。そんなこんなで27歳も残り1日。毎日恐ろしく早いし、6時間おきにおなかはすくし、夜になると眠くなるし、体は正確にリズム刻んで年をとってく。どうしたものか。時計の針は見えても時間の流れは見えないのにね。なんでもかんでも見ておかないと気がすまない性分だから、時間ってものもいつか見てみたいのだけれど。もし時間を追い越したら、そのとき見ることできるだろうか。って書いてて思い浮かぶ光景はドラえもんの机の引き出しの中のタイムマシンと、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の空飛ぶ車と博士と若き日のマイケル・J・フォックスの笑顔。言葉から浮かぶイメージはテレビやスクリーンの中で作られたものばかり。タイムマシンそのものがすでに巨大メディアの産物か。巨大な力で実現しない夢を見せられてきたのか私たちは。未来ではジーンズのポケットを外に出すのが流行、って言ってた。そんな記憶はどうでもいい。母に電話して誕生させてくれたお礼でも言おうか。やめとこうか。e0149596_21493327.jpg保土ヶ谷駅前の商店街は、平和で好きだ。雨に降られても濡れない。だが子どもたち(特に小学校低学年以下)がここを歩いているのを見たことがない。放課後の時間帯にこのあたりが子ども達でにぎわっているのを見たいと思う。それは私が小さい頃、こういう場所が好きだったからで、現代の子どももそうあってほしいという願望なのであって、本当に今の子どもがこういう場所が好きなのかはわからない。私はまだ、子どもを思い浮かべるとき、子どもの頃の自分の心に返っているようだ。だから、なんだというわけじゃないが。

なんだか変な日記になってしまった・・・
こんなぶっ飛び回路で考えを巡らせ、明日の朝には28歳という大人な年頃になっちゃっているということ。恐ろしい話だ。
[PR]
by channelp | 2008-12-02 20:58