【動画】労災職業病チャンネル1... >>

【動画】労災職業病チャンネル1-4「社会全体の労働環境が劣化している」



NPO法人神奈川労災職業病センター制作の動画、第1回の4本目、最後です。

タイトルは「社会全体の労働環境が劣化している」。

弁護士の嶋崎量さんは、労働者の労働環境を守るため、必要なことは、「労働時間規制」だと言います。

また、残業代をきちんと払うことでコスト管理をしながら、労働時間の短縮で、効率化することが望ましい。

現行法制でまったく問題ないにも関わらず、解雇をしやすくするような労働法改正には断固反対である。

自殺防止法案が決議されたにもかかわらず、それと逆行するような労働法改正には疑問を感じる。

また、労働法(ワークルール)教育を早期からしっかり行うことで、これ以上労働環境を劣化させないようにすることも重要であると解説いただきました。

e0149596_16565720.jpg

e0149596_16572471.jpg
e0149596_16573623.jpg


働く人の安全と健康を考える労災職業病チャンネル
第1回「派遣法改正、残業代ゼロ…雇用規制緩和の背景と問題点」
その4「社会全体の労働環境が劣化している」

ゲスト 嶋﨑量(弁護士・神奈川総合法律事務所所属、日本労働弁護団全国常任幹事、ブラック企業対策プロジェクト事務局長)
司会 木村静

制作 NPO法人神奈川労災職業病センター
協力 神奈川労働弁護団/横浜市民放送局
ぬいぐるみ協力 nut-1107

NPO法人神奈川労災職業病センター 
労働災害や職業病で苦しむ方の「かけこみ寺」として、
労働組合、医師、弁護士、被災者らが1978年に設立。
相談、交渉、働きやすい職場・労働行政実現のための要請、
政策提言など、幅広く活動している。
[PR]
by channelp | 2014-07-28 16:58 | BLOG
【動画】労災職業病チャンネル1... >>