<< PROFILE 三浦の大根、久里浜の核燃料工場 >>

気仙沼にて1

e0149596_19422631.jpg

年の最後に、忘れたくないことひとつ。気仙沼で見た景色。

12月はじめに仕事で気仙沼に行きました。



1人で港や市場のあたりを歩きながら撮った映像です。
9ヶ月経っても、こんななんだ。
何を撮るでもなく、ただただ見えた風景の記録です。

ちょうど満潮時刻から間もなかったので、至る所が浸水しています。上の写真は、港ではなく、住宅や工場などがあった場所。海から数十メートル離れています。
地盤沈下は7~80センチと言われていますが、地元のタクシーの運転手さんは、「震災後の余震でさらに地盤が緩んで1メートルくらいは下がったんじゃないかな」
道路は何重にも砂利が積まれて高くしてあるのですが、建物の基盤や更地などは毎日潮の満ち干きで浸水を繰り返しています。藻が生えている所や、流れ出した油などで黒い水の中に建っているような建物の跡もありました。

気仙沼では、胸が痛む景色を見たり、話も聞いたけど、そんな話を語ってくれる気仙沼の人の心の大きさとか強さに圧倒されたり、今を大切に楽しく生きている人の姿に感動したりした。

そんな気仙沼での写真はまた次回。



今年も1年、ありがとうございました。

よい年だった人も、散々な年だった人も、今こうやって生きて新年を迎えられることが、まず幸運。本当によかった。

長く私を知ってくださってる方も、今年出会えた方も、まだ出会えていない方も、読んでくださって、ありがとう。

それではみなさん、よい年をお迎えください。

また来年。

2011.12.31 木村静
[PR]
by channelp | 2011-12-31 19:45 | BLOG
<< PROFILE 三浦の大根、久里浜の核燃料工場 >>